シロアリはそこから侵入してくるの?~被害の始まり~

本棚の白蟻駆除はどんな方法で出来るの?~2つの工法~

白蟻駆除の工法について~本棚のシロアリもスッキリ~

シロアリ被害

白蟻駆除を業者に依頼した際には、ベイト工法かバリア工法という方法で駆除を行なう必要があります。ベイト工法とバリア工法と何が違うのでしょうか。ここでは、白蟻駆除で行なわれる駆除方法の特徴を説明していきます。

工法別の特徴


バリア工法について教えてください
バリア工法は、薬剤を撒くことでバリアを貼りシロアリの侵入を防ぐ方法です。シロアリが侵入していても、そうでなくても出来ます。作業は、木材にドリルで穴を開けてその穴から薬剤を注入します。主に床下での作業になりますが、場合によっては玄関や室内からこのような作業を行ない駆除します。薬剤を注入した後は、穴をコーキング剤や木栓などできちんと補修します。
ベイト工法の特徴が知りたいです
ベイト工法とは、ベイト剤を地中に埋めたり、被害のある場所に置いたりするものです。住宅自体には穴を開ける必要もなく、人やペットに触れる心配もありません。シロアリはエサを巣に持ち帰るという習性があるので、このベイト剤を持ち帰らせて巣にいる仲間も退治出来ます。また、ベイト剤は脱皮をする生物に効くため、哺乳類の動物や鳥には影響はなく安心して白蟻駆除を行なえます。

シロアリを侵入させないためにバリアを貼るバリア工法を選ぶのか、人体に害のないベイト工法を選ぶのか、目的や白蟻駆除を行なう環境に合わせて工法を選びましょう。どの工法がいいのか分からない場合は、状況を伝えて業者と相談しましょう。

根絶後のメンテナンスが重要

白蟻駆除を行なったからといって、もう二度とシロアリが住宅に侵入してこないとは限りません。別の巣や餌場から侵入する可能性もあるので、再発を防止するためにも定期的なメンテナンスを行なうようにしましょう。メンテナンスをすることで、シロアリの侵入を防げます。

TOPボタン